作業員

引越しをするなら現状復帰工事を業者に頼もう!

長期間使用したテナント

リフォーム工事

経年劣化に対処する必要性

テナントを借りて長期間使用を続けると、経年劣化していくことは免れません。その経年劣化、いわゆる通常損耗ですがこれの分の料金は賃貸料金に含まれると国土交通省に定められています。よって、クロスやカーペットなどの張替えに対しては責任を持つ必要は無いということなのです。テナントを長期にわたって借りていた場合は、隅々まできれいにしなければならないと思いがちといえます。しかし、実際には経年劣化の分に対しては料金を出す必要が無いことを知っておきましょう。後になってからそのことを知り、それでトラブルに発展してしまうことも多いのです。そうならないために現状復帰は、明確な基準を定めて必要な分だけ行いましょう。変に頑張りすぎると余計な出費を出してしまうばかりか、手を加えたということで契約違反をしてしまうこともあります。現状復帰工事を実施する際には持ち主との契約をしっかり確認し、行うべきことだけを実施していきましょう。現状復帰のガイドラインは国土交通省に定められており、契約が始まってからの年数とクロスなどを交換した時期を考慮するべきとされています。それに則って現状復帰を実施する場合、すでに中古であったクロスなどを新品の値段で請求してしまうのはおかしいことになるのです。現状復帰をするにあたって持ち主にそういったおかしい要求をされた場合には、工事の業者などに確認をとってみるといいでしょう。何度もこういった現状復帰を経験している専門家に聞けば、必ず納得できる現状復帰を行うことができます。