作業員

引越しをするなら現状復帰工事を業者に頼もう!

指定業者を活用しよう

作業員

管理委託している場合

原状回復工事は通常、不動産オーナーや管理会社が指定した業者によって工事が行われます。これは、契約によって締結されているため、変更は難しいです。しかし、工事価格が高い場合や工事の成果が不十分と見受けられる場合は、トラブルに発展する可能性があります。そのため、トラブル回避を図る目的として、指定業者との契約を締結することが一般的です。例えば、賃貸物件の原状回復工事は、賃貸物件の管理を委託している場合、管理会社が指定工事業者を不動産オーナーへ紹介して、原状回復工事を一手に引き受ける工事契約を締結します。原状回復工事は見た目は、入居前の状況に戻す工事ではありますが、実際に入居者が生活する中で、水周りの故障や、工事箇所の不備が発生することがあります。故障や不備が多発する場合は、入居者は生活することにストレスを感じるため、短期で退去する可能性に繋がります。入居者の満足度を得られない場合は、不動産オーナーとしては家賃収入が得られないということに繋がります。そのため、工事の完成度や工事価格の支払いが難しい場合は、業者変更もあり得ます。契約書に文言として記載されている条件や契約によりますが、然るべき手続きを経て、業者変更を行うことは可能です。原状回復工事については、不動産オーナーは契約前に、管理会社がどの業者へ依頼するのかを把握しておく必要があります。また、契約時にも、契約書について確認を行うことで、トラブル回避にも繋がります。