作業者

引越しをするなら現状復帰工事を業者に頼もう!

リフォーム工事

長期間使用したテナント

現状復帰をするにあたっては、壁紙などの経年劣化に関する料金がトラブルになりやすいです。国土交通省によって経年劣化、つまり通常損耗の料金は賃貸料に入っているとさふだめられているので、支払う義務はありません。そういったことを知って現状復帰を行うようにしましょう。

空室

賃貸物件を返すさいの工事

賃貸物件を借りてそれらを返す場合には借りた時の状態に戻すことが借り主には求められます。オフィス向けでは原状回復や原状復帰といったもののほか内装解体やスケルトン仕上げなどの種類があり、行う作業の内容が異なってきます。

準備が大切になる

空き部屋

専門業者を利用すると良い

長い期間利用した賃貸住宅から引っ越す際には、現状復帰を行なうと経済的に有利に引っ越しを実現出来るようになります。というのも長期間利用した賃貸住宅に関しては、住み始めた当初の状態に戻すという契約になっていることが多く、もし現状復帰を個人で行わないと、家主に多額の費用を支払う義務が生じるからです。そのため多くの住民が転居前に専門の業者に現状復帰を依頼していて、敷金を家主から受け取っています。基本的な現状復帰の工事であれば、100万円以上かかるような費用にはならないので、安心して工事を依頼出来ます。ただ生活した期間がとても長期になると、色々と問題が発生している可能性があるので、費用が割増になることもあります。ですが現状復帰を担当する業者であれば、支払い方法に関して分割にも対応していることから、経済的な負担としてはそれほど重くなることはないです。なにより家主に払う代金に比べれば、間違いなく安価で経済的なので利用者の満足度は極めて高いです。現状復帰を業者に頼む際に準備しておくと良いものとしては、まず建物の間取り図や基本的な情報が掲載された冊子などがあります。それらの情報が適切に作業員に伝わっていれば、作業自体がとてもスムーズに進みますし、なにより工事の精度が飛躍的に向上します。また移動するための経路をきちんと確保することも大切です。現状復帰の工事では多くの作業員が出入りすることになることから、移動の際のリスクを減らすことが出来れば、効率的に作業が進み安全に工事を完了してもらえます。

作業員

指定業者を活用しよう

原状回復工事は、例えば、賃貸物件で不動産会社へ管理委託をしている場合、管理会社が工事業者へ指定業者として依頼することが一般的です。不動産オーナーとして、指定業者の変更を行うことは可能ですが、手続きが必要です。

イチオシサイト

  • 原状回復第三者なび

    現状復帰の口コミはコチラから調べることができますよ。過去にどのようなことが行なわれたのか知りたいならclick!